site map

伊勢神宮へ行こう ! > 伊勢神宮 > 伊勢神宮の英語名称表記が変わる?

伊勢神宮

伊勢神宮の英語名称表記が変わる?

伊勢神宮の英語表記が変わるらしい。

子供の頃から、神社と云えば「シュライン(Shrine)」と習い慣れ親しんで来たのだが、どうも神宮司庁がこの表記を変更するらしい。

新聞発表などでの記事を読んでみたが、今一なぜそうする必要があるのかはっきりしない。変えると発表して尚、その道の専門家に相談したいとはどういう事だろうか。

合点するまでは理解出来ないのだが、ま〜そこまでこだわるにはやはり何かあるのだろうか。

取り敢えず、これまでは「シュライン(Shrine)」だが、神宮司庁発表では「Shinto Temple」を提案しているのだそうだ。

よくよく読んでみると、外国人向けに、世界的に「Shinto」を定着させたいための予備段階での検討だそうだ。

そうか、「Shinto」、つまり「神道」の固定概念の世界波及をしっかりと意図している訳だ。これは日本人として強く望むところであり大歓迎である。

でも、それなら、「Shinto Temple」などが広まってしまうと、新たにそれを改善するには相当時間と手間がかかる様な気がするのだがどうなのだろうか!?

それなら、最初からストレートに「Jingu」か「Shinto」だけで推進した方が良いと想うのだがどうだろう。

有識者の正しい判断を期待したいところである。

<<伊勢神宮奉納第60回記念全国花火大会2012 | 伊勢神宮へ行こう !トップへ | 踏んではいけない石 荒祭宮>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。