site map

伊勢神宮へ行こう ! > 伊勢神宮 遷宮 日程 > 伊勢神宮の遷宮日程が気になります!

伊勢神宮 遷宮 日程

伊勢神宮の遷宮日程が気になります!

伊勢神宮の20年に一度行われ62回目となる式年遷宮の日程がいよいよ大詰めを迎えようとしています。
各工程で行われる行事と遷宮のフィナーレセレモニーには是非とも参拝・参加したいものです。

また、本年は、前年にあのマヤカレンダーの循環歴がリセットされる2012年を迎え、更に偶然にも伊勢神宮と陰陽の双璧をなす出雲大社も60年に一度の遷宮と大きな神事が重なっています。

偶然とは云え、何かこう日本が新しく生まれ変わる様に予め決められていたのではないかなどと想像してしまうのは私だけでしょうか。

【 伊勢神宮 遷宮 日程 】

遷宮行事は、早くも平成17年から開始され本年の平成25年度の10月を以て完了するという非常に長丁場の工程を踏みます。途中30程も数える行事・儀式が行われますが、中には天皇陛下のご意志を仰ぐ重大な行事も開催されます。

神宮ホームページ 遷宮行事一覧
http://www.sengu.info/gyoji.html

先日、安倍政権が発足して約1月ですが、遂に所信表明演説が行われ平成25年度の国会が開かれました。まだ新しい日本政府は何も行っていないのに、世の中は自動的に円安に成り株価は上がり始め、世界の経済学者に諸手を上げて高く評価される安倍政権の経済政策目標、又これまでには考えられない様なアジア各国の歓待ぶり、何と素晴らしい生まれ変わりと言えましょうか。

しかし、数年前我々日本国民は何と愚かな選択をしたのでしょうか。
思えば、マスゴミに踊らされ、その出自が日本人ではない者達の集まりである民主党に政権を譲り渡し、頭の螺子がどこかおかしいアジアの3流国であるシナチョンにばかり有利になる法案ばかり通し、本当に日本の政府かと思われる事ばかりでした。

日本は日本人だけのものではないだというおかしな妄想を述べる首相や震災復興など仕事はしないという総理大臣などのお蔭で、日本は戦後これほどまでに逆噴射したことはありませんでした。日本は、大きなものを失くしましたが、再生に向けての大きな経験を致しましたね。

2013年、平成25年度、起死回生の安倍政権、奇しくも伊勢神宮と出雲大社の同時遷宮の年を迎えて日本復活の期待と祈りを抱かずにはいられません。

<<踏んではいけない石 荒祭宮 | 伊勢神宮へ行こう !トップへ | 伊勢神宮と出雲大社の同時遷宮>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。