site map

伊勢神宮 外宮

伊勢神宮 外宮 勾玉池

伊勢神宮の外宮にもまがたまいけ、漢字で書くと「勾玉池」とそのまんまの名前の池が存在します。外宮に参拝すると直ぐに左手に見えて来ます。ここの花しょうぶは群生している様に見応えがあり有名です。

勾玉と云えば、所謂三種の神器の八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)なんですが、どちらかというと島根県の出雲大社近隣がなぜか勾玉のイメージが強いんですね。

出雲大社の近くに、いやちょっと離れているけれど車で数十分のところに玉造温泉という名勝があり観光地として有名です。

この玉造というのは、ずばり勾玉の製作にかかわっていた地域、もしくは産地というところからそう呼ばれていたようです。

この玉造温泉の周辺では「めのう」の産地として有名で、ずばり古代から勾玉はめのうで作っていたようです。

実際、玉造温泉の行政区か出雲大社を通してかは失念しましたが、宮内庁などに事あるごとに三種の神器のレプリカとして勾玉を謙譲している訳です。

ところで、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)なんですが、いいのか悪いのか別として、最近はアニメワンピースの影響でちょっと有名みたいですね。

何やら強力な武器らしいです。笑。
流石に三種の神器ですかね。
まさに神の力を頂いているという事、設定なのでしょうか。

伊勢神宮 外宮

伊勢神宮 外宮の池

現在の外宮御正殿のちょうど真向かいには立派な池があります。
表参道の火除橋左手の勾玉池ほどの規模ではありませんが、これだけ巨木に囲まれ池の淵にも緑が溢れていると、流行の言葉でパワースポットとでも表現したくなります。

ほぼ真上からの太陽光線が池の上の隙間と云うべき空間から降り注ぎ煌(きらめ)いています。
CIMG1120.jpg

残念ながら亀石なる巨石を撮影出来ませんでした。
と云うよりも、この程度の石、いやそこそこ大きな石が置いてあるなーほどにしか感じませんでしたので、撮影するほどでもないだろう・・・という判断をしました。後にあれが亀石かと思った次第です。
正直、だからどうなんだ程度のものなんですが。笑い^^!
CIMG1133.jpg

巨石なら、日本全国には巨岩奇岩などもっと凄いのが山ほどあるのに!?
大阪府は、枚方市の星ヶ丘なんて実に面白い。
奈良の地球儀かと想えるような数メートルはある巨大球体石。
全国の人工ピラミッドと呼ばれる山の石柱群。
島根県は奥出雲町玉峰山山頂の博打岩など。
沖縄県のウタキの廻りとか。
CIMG1134.jpg


CIMG1135.jpg

私が伊勢神宮に来て一番不思議に思ったのは、この画像にあるように、およそ引力にも太陽光線にも逆らってとんでもない方向に真直ぐ伸びている巨木である。
もちろん真直ぐ伸ばすなら枝打ちもするだろう。
しかし、最初からこの方向に向かうのだろうか?
それも一本だけ?
掘り起こしてわざと傾けたのか!?
年月の経過と他の木々とのせめぎ合いで地盤が緩み、いやおうが無く傾いてしまったのか?
恐らく根元には凄い加重が掛かっていると想われるのであるが。
誰も不思議に想わないのだろうか!?
それが不思議でもある。別角度から。
CIMG1136.jpg

それもこの巨木画面に収まらないほど長いんですよね。
私に取っては、パワースポットならぬ、ミステリースポット発見なのですが、これをお読みの読者の皆さんはどういった感想をお持ちでしょうか!?笑い^^!
CIMG1137.jpg


最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。この記事の情報提供は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こう!にあります。グッドラック!!

伊勢神宮 外宮

伊勢神宮 外宮 厩

伊勢神宮の外宮の厩(うまや)についてご紹介したいと思います。

神社にはかなり昔から神馬(しんめ)を奉納する儀式があり時の実力者が送ったりしたものだが、いつの頃から大型の絵馬を奉納するようにもなった。伊勢神宮ではあまりその絵馬を見かけなかったが、大阪の住吉大社には今でも古い絵馬が飾ってある。神馬もいるようである。
現在の伊勢神宮の神馬は、草音号と新路号というが、以下の画像は草音号である。
CIMG1176.jpg

残念ながら、カメラのフラッシュが嫌いなのか、カメラを向けると絶対にこちらを見ようとしない。彼にとってはいい迷惑な話なのであろう。
「御免!」
これをお読みの皆さんも伊勢神宮の外宮に参拝された際には馬の前ではカメラは止めるか。フラッシュを炊かないようにお勧めします。
CIMG1175.jpg

CIMG1174.jpg

CIMG1173.jpg

CIMG1172.jpg

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。この記事の情報提供は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こうにあります。グッドラック!!

伊勢神宮 外宮

伊勢神宮 外宮

伊勢神宮の外宮に興味をお持ちでしょうか?
以下が伊勢神宮外宮の一般的なデータです。

その前に、伊勢神宮の正式な名称は「神宮」といい、古式呼称は「伊勢太神宮(いせのおおみかみのみや)」といいます。そして、内宮・外宮・その他別宮全ての総称として「伊勢神宮」と表現します。

外宮の祭神は、「豊受大神宮(とようけだいじんぐう)」であり、別名「豊受大御神」ともいいます。

               【伊勢神宮 外宮 概要】

<ホームページ>
http://www.isejingu.or.jp/

<住所>
三重県伊勢市豊川町

<問い合わせ>
神宮司庁     TEL(0596-24-1111)
外宮前観光案内所 TEL(0596-28-3705)

<参拝可能時間>
5:00〜17:00(季節により3パターンあり)

<休業日>
無休

<交通アクセス>
JR・近鉄伊勢市駅より徒歩約5分(外宮、内宮間は循環バス運行)

<車>
伊勢自動車道伊勢西ICより約2km

<駐車場>
無料 434台(一般普通車300台)

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。この記事の情報提供は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こう!にあります。グッドラック!!


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。