site map

伊勢神宮

伊勢神宮の英語名称表記が変わる?

伊勢神宮の英語表記が変わるらしい。

子供の頃から、神社と云えば「シュライン(Shrine)」と習い慣れ親しんで来たのだが、どうも神宮司庁がこの表記を変更するらしい。

新聞発表などでの記事を読んでみたが、今一なぜそうする必要があるのかはっきりしない。変えると発表して尚、その道の専門家に相談したいとはどういう事だろうか。

合点するまでは理解出来ないのだが、ま〜そこまでこだわるにはやはり何かあるのだろうか。

取り敢えず、これまでは「シュライン(Shrine)」だが、神宮司庁発表では「Shinto Temple」を提案しているのだそうだ。

よくよく読んでみると、外国人向けに、世界的に「Shinto」を定着させたいための予備段階での検討だそうだ。

そうか、「Shinto」、つまり「神道」の固定概念の世界波及をしっかりと意図している訳だ。これは日本人として強く望むところであり大歓迎である。

でも、それなら、「Shinto Temple」などが広まってしまうと、新たにそれを改善するには相当時間と手間がかかる様な気がするのだがどうなのだろうか!?

それなら、最初からストレートに「Jingu」か「Shinto」だけで推進した方が良いと想うのだがどうだろう。

有識者の正しい判断を期待したいところである。

伊勢神宮

伊勢神宮 住所

伊勢神宮の住所についてお探しですか。
最近パワースポットで再認識されている伊勢神宮なんですが、以外と住所とか地域とか県とか知らない人も多いと想います。

よく出雲大社が島根県だということをご存知ない方が多いのと同じですね。
CIMG1009_edited.jpg

【 伊勢神宮 住所 】

【 神宮司庁広報室 】
〒516-0023
三重県伊勢市宇治館町1
TEL 0596-24-1111

CIMG0900.jpg

以下関連する別記事です。
かなり参考になると想いますので是非ご覧下さい。

伊勢神宮 地図
伊勢神宮 アクセス
伊勢神宮
CIMG1123.jpg

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。この記事の情報提供は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こう!にあります。グッドラック!!

伊勢神宮

伊勢神宮周辺観光ガイド

伊勢神宮を知る上で必須の周辺観光情報のリストを作成しました。
普段から、以下の関係サイトをチェックしていれば、あなたは神宮のスペシャリストです。参考になりましたら幸いに思います。

【 伊勢神宮 周辺観光 】

伊勢神宮
http://www.isejingu.or.jp/
伊勢市観光協会
http://www.ise-kanko.jp/
伊勢内宮前 おかげ横丁
http://www.okageyokocho.co.jp/
神宮会館
http://www.jingukaikan.jp/
伊勢新聞
http://www.isenp.co.jp/

【 主要 別宮 】

月夜見宮(外宮別宮)
http://www.isejingu.or.jp/shosai/geku/geku1.htm
<住所>三重県伊勢市宮後1丁目
<アクセス位置>外宮から北へ約300m、伊勢市駅から西へ約500m

月讀宮(内宮別宮)
http://www.isejingu.or.jp/shosai/naiku/naiku1.htm
<参拝順序> 月讀宮→月讀荒御魂宮→伊佐奈岐宮→伊佐奈弥宮
< 住所 > 三重県伊勢市中村町742-1
<アクセス> 近鉄鳥羽線五十鈴川駅から南へ徒歩約10分、内宮から約1.8kmの五十鈴川中流域の中村町

猿田彦神社
http://www.sarutahikojinja.or.jp/
< 住所 > 三重県伊勢市宇治浦田2丁目1−10
< TEL > 0596-22-2554

二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)
http://www.amigo2.ne.jp/~oki-tama/
<ポイント> 浜参宮で、無垢塩祓いを受ける
< 住所 > 三重県伊勢市二見町江575 〒519-0602
< TEL > 二見興玉神社社務所 0596−43−2020

倭姫宮
http://www.isejingu.or.jp/naigu/naigu4.htm
< 住所 > 三重県伊勢市楠部町
< TEL > 0596-24-1111
<アクセス> 近鉄伊勢市駅・宇治山田駅から循環バスで徴古館前下車徒歩直ぐ。

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。この記事の情報提供は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こう!にあります。グッドラック!!

伊勢神宮

宇治橋渡始式前に公開された宇治橋

式年遷宮において20年に一度架け替えられる宇治橋が、「宇治橋渡始式」前に公開され話題になっている。当ブログが敬愛してやまない伊勢志摩経済新聞からその模様を引用し紹介したいと思います。

20年間で1億人以上が渡る「宇治橋」新しく−渡始式を前に公開
(2009年10月28日)

11月3日の「宇治橋渡始式」を前に公開された宇治橋。ヒノキがまぶしく輝く新橋にカメラを向ける参拝者。

 伊勢神宮内宮・五十鈴川(いすずがわ)に架かる全長101.8メートル、幅8.4メートル、橋脚39本は水に強いケヤキ材を使用し、渡り板616枚など橋脚以外はヒノキ材を使用する木造純和橋の宇治橋が10月27日、11月3日に執り行われる「宇治橋渡始式(わたりはじめしき)」を前にかぶせていたシートが取り外され、マスコミ関係者に公開された。

 宇治橋の竣工を祝い、橋の安全を祈念する「宇治橋渡始式」が11月3日10時から執り行われる。宇治橋の北側(向かって左手)2本目の柱に万度麻(まんどぬさ)と言われる橋の安全を祈願するお札の一種を納め、擬宝珠(ぎぼし)をかぶせると正式に宇治橋が完成する。

 宇治橋の工事に携わり次回の架け替えの後継を担う佐藤玲さんは「お盆を目標に進めていた工事が雨の影響で、少しだけ作業が遅れたが予定通りに進んだ。先日の台風18号では覆っていたシートが破れ心配したが大事には至らなかった」と振り返る。

 渡り始めには、地元伊勢市内から選ばれた渡女(わたりめ)が夫や子、孫を従えた三夫婦を先頭に、技監、技師、橋工、大宮司、小宮司ほか神宮関係者が並び、全国の供奉三夫婦(ぐぶのみふうふ)61組366人が新橋を渡る。渡始式には総勢1,000人が参列する。一般の参拝者の渡り始めは、式が終了する12時ごろから可能となる。

 その後、16時から宇治橋渡始式架け替え奉祝委員会の主催による「国民総参宮」が、17時30分から奉納行事として神宮舞楽、東儀秀樹さんらによるコンサート、20時からちょうちん行列を予定する。

 1989(平成元)年に行われた前回の渡始式には、当日だけで約13万人が新しい宇治橋を渡った。伊勢神宮への参拝者は毎年500万人以上、新しい橋も20年間で1億人以上を神域に渡すことになるだろう。

実に、めでたく喜ばしい記事であります。

伊勢神宮よ永遠なれ!

日本神道よ永遠なれ!

日本人民よ、世界に冠たる民族性を忘ることなく、貴賓と威厳を保ち世界人民の範たる行動と誠の心を持ってその進むべき道を指し示せよ!

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。この記事の情報提供は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こう!にあります。グッドラック!!

伊勢神宮

伊勢神宮の別宮

伊勢神宮の別宮について。

別宮は「わけみや」と読み、、神宮の社宮のうち正宮に次ぎ格が高く尊いとされています。伊勢神宮へ行き参拝するのなら、やはり外宮も内宮も、更には御正殿や神楽殿だけでなくこれらの別宮にも参拝しないと行ったとは云えないのではないでしょうか?
いやもったいないというべきでしょうか?特に風日祈宮の近辺はかなりのパワースポットなんですが!?笑い^^!

       <内宮別宮>

荒祭宮(あらまつりのみや)(式内社)
月讀宮(つきよみのみや) (式内社)
月讀荒御魂宮(つきよみあらみたまのみや)(式内社、月讀宮境内)
伊佐奈岐宮 (いざなぎのみや)(式内社、月讀宮境内)
伊佐奈弥宮 (いざなみのみや)(式内社、月讀宮境内)
瀧原宮 (たきはらのみや ) (式内社)
瀧原竝宮(たきはらならびのみや(瀧原宮境内)
伊雑宮 (いざわのみや)   (式内社)
風日祈宮(かざひのみのみや)
倭姫宮 (やまとひめのみや)

       <外宮別宮>

多賀宮 (たかのみや)(式内社)
土宮  (つちのみや)
月夜見宮(つきよみのみや)
風宮  (かぜのみや)

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れ伊勢の大神様のご加護がありますように!そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりますように!又我が国が先立ちと成りて恒久の世界平和を実現する礎と成らんことを祈ります。この記事の情報提供は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こう!にあります。グッドラック!!

1 2 >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。