site map

伊勢神宮 観光

伊勢神宮観光なら夫婦岩と二見興玉神社

もし伊勢神宮参拝をするのなら、周辺の観光地として絶対に見逃さないで欲しいのが夫婦岩と二見興玉神社です。

きっと三重県とか伊勢の観光地とか知らなくても生まれてからこの方誰もが必ず一度は見たことがある風景、いろんな写真に絵画にテレビニュースで取り上げられたことがあるのが夫婦岩です。

二見興玉神社の御祭神は、伊勢神宮内宮の手前にある猿田彦神社の猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)です。

もうとにかくこの夫婦岩というのは確かにこれだけ注目されるだけあってそんも神秘性は凄いものであると感じます。。

実は、この夫婦岩の沖合約数百メートル先に鎮座している興玉神石というのがあるんだけれど、興玉神石に対して夫婦岩は鳥居の役目を果たしているそうです。

そして、夏至や冬至の時期には夫婦岩の間から日の出を拝観できるというまさにパワースポットと云える聖地でもあるのです。この時期としては6月の前後です。

せっかく伊勢神宮まで来たのならこの夫婦岩と二見興玉神社まで足を伸ばすべきでしょう。

さて、この自然が作りだした奇跡のパワースポットへのアクセスは、基本的に大阪や京都に名古屋から、JRや近鉄でJR伊勢市駅まで行き参宮線に乗り換え最終目的地JR二見浦駅を目指します。JR二見浦駅から二見興玉神社までは歩いて約15分ほどです。

伊勢神宮 観光

伊勢神宮 温泉

伊勢神宮の温泉をお探しですか。
残念ながら伊勢神宮の極近くには本格的な温泉は見当たりません。

もう少しエリアを広げ伊勢市から志摩周辺で考えると結構ありますが、三重県全体ですと更に選択肢が広がりますね。以下、主な温泉地と新しく掘り当てた宿泊旅館やホテル名のものと両方列記いたしました。
それぞれの温泉地の宿などの詳細は、以下サイトから検索してみて下さい。

伊勢神宮宿泊施設

【 鳥羽 】

安楽島温泉
石鏡温泉
加茂川船津温泉・行者の湯
神代温泉
答志島温泉
鳥羽小浜温泉
鳥羽シーサイド温泉
鳥羽グランドホテル温泉
南勢桜山温泉
本浦温泉

【 伊勢・志摩 】

伊勢志摩温泉
磯部わたかの温泉
奥志摩温泉
志摩の国温泉
浜島温泉郷

【 津・桑名・四日市 】

湯の山温泉
片岡温泉・
鈴鹿サーキット天然温泉
榊原温泉
長島温泉
鍋田川温泉
火の谷温泉
磨洞温泉

【 松阪・中伊勢 】

奥伊勢宮川温泉
香肌峡温泉

【 伊賀・上野・赤目 】

赤目温泉
朝妻の湯
芭蕉の湯

【 熊野・紀宝 】

入鹿温泉
湯ノ口温泉

以下のサイトもかなり参考になると想います。

伊勢・鳥羽のおすすめホテル・旅館
★伊勢旅館組合ウェブサイト
http://www.amigo2.ne.jp/~ise-yado/
★伊勢市観光協会
http://www.ise-kanko.jp/
伊勢神宮参拝のための宿泊先

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。この記事の情報提供は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こう!にあります。グッドラック!

伊勢神宮 観光

伊勢神宮 おかげ横丁

伊勢神宮のおかげ横丁をご存知ですか。
伊勢神宮のおかげ横丁の魅力を豊富な画像で紹介したいと思います。

おかげ横丁とは、伊勢神宮内宮の宇治橋を渡る手前の左側から続く参道の両側に多くの店舗が軒を連ねる横丁であり、今で云えば商店街と呼ぶべきでしょうか。ただそれは日用品ではなく大半が土産物や飲食物を商うものばかりで一大観光スポットと呼ぶに相応しい街並みの通りです。
CIMG1062.jpg

その街並みは御伽噺に出てきそうであり、見る者にまるで時間が止まったかの様な印象を与えるのです。実に不思議な雰囲気の横丁であり日本で一番幸せな土地ではないでしょうか?

あまりに多くの写真を撮影しましたので、それぞれ別記事にて紹介したいと思います。以下は全てリンクしております。ご興味のある記事をご覧下さい。画像は全て拡大出来ます。

伊勢神宮内宮とお蔭横丁
伊勢神宮 赤福 画像
お蔭横丁 真珠のミキモト
お蔭横丁の地図
お蔭横丁
お蔭横丁の川側
CIMG1069_edited.jpg

お蔭横町の入り口付近
おかげ横丁の川縁(かわべり)

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。この記事の情報提供は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こう!にあります。グッドラック!!

伊勢神宮 観光

観光 伊勢神宮

伊勢神宮の観光や伊勢市の観光に興味をお持ちでしょうか?
折角伊勢市の観光をなさるなら、伊勢神宮だけではありませんから十分に有意義な効率的な計画を立てて伊勢を堪能することをお勧めします。

先ずはどんな観光地があるのでしょうか?

              【 伊勢の主な観光スポット 】

1、伊勢神宮の外宮
2、月夜見宮(外宮北約300m)
3、伊勢神宮の内宮
4、おかげ横丁・おかげ座・おはらい町
5、猿田彦神社
6、神宮徴古館・神宮農業館・神宮美術館(倉田山)
7、お伊勢まいり資料館
8、倭姫宮
9、伊勢市立郷土資料館
10、尾崎咢堂(がくどう)(尾崎行雄)記念館
11、伊勢河崎商人館・河崎町
(外宮東600m、伊勢市駅を境にし外宮の反対側)
12、小坡美術館
13、二見の夫婦岩
14、二見興玉神社
15、二見シーパラダイス
16、賓日館(ひんじつかん)
17、ちょんまげワールド伊勢
18、ミキモト真珠島
19、伊勢志摩スカイライン(伊勢市外)
20、鳥羽水族館(伊勢市外)
21、伊勢・志摩スペイン村(伊勢市外)

<アクセスのポイント>
<外宮(伊勢市駅)−徴古館−猿田彦神社−内宮>間は約20分ほどで、15分おきの循環バスが出ています。

              【  伊勢市観光協会  】

伊勢市のことなら、やはり一番詳しいのが観光協会のホームページですね。
以下を参照下さい。
<ホームページ>
http://www.ise-kanko.jp/
住所 〒516-0074 三重県伊勢市本町14-6
TEL 0596-28-3705
FAX 0596-27-1049

その他、伊勢のイベント・行事案内・温泉情報などはホームページを参照して下さい。
<注意点>
観光地でや伊勢市内での強引な客引き行為に注意して下さいね!

              【 観光巡りアドバイス 】

伊勢神宮は、基本的に外宮から内宮へと廻るのが基本の慣わしなんです。
とにかく、JR・近鉄の伊勢市駅(隣接)まで起し下さい。
そして、完全に廻るのなら以下のプランですが半日はかかりますね。丁寧にみたり内宮やお蔭横丁でゆっくりしたければ一日仕事になりますね。

伊勢市駅→(徒歩5分)→外宮→(循環バス20分)→内宮→(隣接)→お蔭横丁・おはらい町→猿田彦神社→(循環バス)→徴古館・農業館・美術館・倭姫宮→(循環バス)→伊勢市駅→月夜見宮・河崎町
 
最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。この記事の情報提供は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こう!にあります。グッドラック!!

伊勢神宮 観光

伊勢神宮内宮の神鶏

神の鶏ってご覧になりましたでしょうか?
なかなかじっとしてくれませんでした。
故にナイスショットではありませんが、参考までに!
この神の鶏は奉納されたものだそうです。

CIMG0991_edited.jpg

CIMG0990.jpg

CIMG0986.jpg

   ”何を、勝手に俺様を撮っているんだよ!”
CIMG0992.jpg

CIMG0993.jpg

CIMG0998.jpg

CIMG0999.jpg

CIMG0997.jpg

CIMG0996.jpg

CIMG0989.jpg

CIMG0988.jpg

CIMG0987.jpg

CIMG0985.jpg


最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こう!にあります。そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。グッドラック!!

1 2 >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。