site map

伊勢神宮 ツアー

まわりゃんせ 割引 購入

近鉄のスーパーパスポートまわりゃんせツアーの購入方法や予約の仕方、そして格安割引の詳細情報について紹介したいと思います。

とにかく、世の中には、定期券や回数券という実にユーザーに優しいお得なサービス制度が存在します。

まわりゃんせとは、つまり近畿日本鉄道株式会社の沿線、特に伊勢神宮を中心として、「伊勢・志摩・鳥羽」を最大限有効にめいっぱい楽しみたいツアー旅行者や伊勢神宮参拝者のために近鉄さんが考え出したスーパー乗車券なんです。

もっと要約すると、大人が(中学生以上)9,500円で、子供は5,200円で、4日の間、近鉄沿線の定められた路線区間の乗車が乗り放題で、定められた観光施設への入場・入館が何度でも自由に出来るというものです。

これを称して「スーパーパスポート」と呼ばれています。

この「まわりゃんせ」がどれだけお徳かというと、2010年現在、例えば、合歓の郷、鳥羽水族館、志摩スペイン村「パルケエスパーニャ」など何と28もの近鉄沿線「伊勢・志摩・鳥羽」周辺の有名観光施設に自由に入館・入場出来るんです。凄いでしょう。

【 まわりゃんせ 購入方法 注意点 詳細 】

因みに、この「スーパーパスポート」についての詳細は、専用ホームページがありますからそこで閲覧出来ます。

そして、毎年発売や利用期間が微妙に違いますから注意して下さい。そして、年明けの2ヶ月は利用出来ません。

更に、「利用期間」内での実際の「利用有効期間」は、近鉄電車に乗車日してから4日の間です。

4日間を全て電車の中で過ごすわけには行きませんから、当然どこかで宿泊しなければなりませんよね。その場合は、価格面から云えば「まわりゃんせ宿泊パック」をお勧めします。こちらの方がかなりお徳です。

◆「伊勢・鳥羽・志摩スーパーパスポートまわりゃんせ」公式サイト
http://www.kintetsu.co.jp/ise_toba_shima/mawa/f_mawa.html

◆旅客案内テレフォンセンター
(9時〜19時)年中無休
名古屋 052-561-1604
大阪 06-6771-3105

◆購入場所
近鉄主要駅、各旅行代理店

さて、上手く休みが取れて、旅行の日程も決まりました。
しかし、そこでちょっと悩むポイントがあります。
どこの観光施設や名所を見たいのか、どういう順番で廻りたいのか、又どこの旅館やホテルなどの宿泊施設を利用するのか。温泉が出るのか出ないのか、宿泊料金はどうなのか、もうかなり悩んでしまいます。組み合わせは膨大ですからね。

後悔しないためにも、事前によくよく検討する事をお勧めします。

最後までお読み頂き有難うございます。そんなあなたに伊勢神宮の強力なパワーと幸運がお蔭となって訪れますように。そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。この記事は、当サイトのオリジナル情報と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こうにあります。又、お会いしましょう!

伊勢神宮 ツアー

伊勢神宮 ツアー 東京発

伊勢神宮のツアーで東京発のプランをお探しですか。
東京発の人気の伊勢神宮ツアーなんですが、とても多くの旅行プランが存在し、各旅行会社がまさに鎬を削っている状況です。

代表的な例としては、「伊勢神宮参拝」と「伊勢志摩」周辺の観光を対象としたフリープランで、「往復新幹線指定席付」で一流国際観光旅館やホテルでの一泊二日で、夕・朝食付、1日めか2日めのどちらかで「伊勢神宮参拝」やその周辺観光をするというパターンが多いですね。

注意点は、「宿泊者限定のお得なポイント」サービスがある旅行会社もありますので、その辺りをチェックし、問い合わせてみて下さいね。

【 宿泊者限定のお得なサービス 具体例 】

1、「手荷物一時お預かり」又は「宿泊先までの配送サービス」
2、「伊勢ご当地グルメクーポン」付 おはらい町&おかげ横丁、鳥羽一番街
3、「伊勢神宮ガイド付き参拝」(予約制・無料)

【 その他チェックポイント 】

1、ANAマイルがたまるか(航空機の場合)
2、お得なレンタカープランがあるのか

【 主なツアー企画旅行会社 】

◆JTB
http://www.jtb.co.jp/
◆Travel.jp
http://www.travel.co.jp/
◆近畿日本ツーリスト
http://www.knt.co.jp/
◆阪急交通社
http://www.hankyu-travel.com/
◆H.I.S
http://www.his-j.com/index.html
◆日本旅行
http://www.nta.co.jp/
◆読売旅行
http://www.yomiuri-ryokou.co.jp/
◆名鉄観光
http://www.mwt.co.jp/
☆一休.com
http://www.ikyu.com/
☆じゃらんNET
http://www.jalan.net/
☆OZmall トラベル
http://www.ozmall.co.jp/
☆やど上手
http://www.yadojozu.ne.jp/
☆Yahoo!トラベル
http://travel.yahoo.co.jp/
☆宿ぷらざ(旅プラザ)
http://www.yadoplaza.com/
☆yoyaQ.com
http://yoyaq.com/
☆楽天トラベル
https://aps1.travel.rakuten.co.jp/logout.html
☆AB-ROAD エイビーロードネット
http://www.ab-road.net/tyo/

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに神宮の御祭神のお蔭が賜りますように!そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。この記事は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こうにあります。無断使用をお断りします。グッドラック!

伊勢神宮 ツアー

伊勢神宮 旅行

伊勢神宮の旅行について興味がおありですか。
昨今の神社仏閣におけるパワースポット人気で伊勢神宮参拝の旅行を計画する方が以前にも増して増えています。

そこで、伊勢神宮に旅行するためのポイントを整理してみました。

一般的には、主な観光目的地としては、伊勢神宮参拝だけのものか、二見の夫婦岩・二見興玉神社から鳥羽まで足を延ばした伊勢観光全般のものか、更には紀伊半島を巡り熊野本宮大社・新宮熊野速玉大社・那智大社から世界遺産の熊野古道・大門坂、紀伊勝浦温泉、南紀白浜まで広げるのかのパターンがあります。

1、「観光目的」なのか「参拝目的」で宿泊先が限定されます。
2、伊勢神宮の近隣には温泉街はありません。
3、外宮と内宮、更に近隣の別宮(摂社)をきっちり周り、且つご祈祷を受け、同じく近隣の名所旧跡を回るとほぼ1日仕事になります。
4、自家用車やバス(タクシー)を利用するなら取り合えず外宮と内宮参拝をし、伊勢市周辺の観光地や温泉街で宿泊するというのも多いパターンです。

【 主な宿泊先 】

伊勢神宮宿泊施設
伊勢・鳥羽のおすすめホテル・旅館

【 伊勢の主な温泉街や観光スポット記事 】

観光 伊勢神宮
伊勢神宮 温泉
伊勢神宮参拝のための宿泊先

【 参考公式サイト 】

★伊勢旅館組合ウェブサイト
http://www.amigo2.ne.jp/~ise-yado/
★伊勢市観光協会
http://www.ise-kanko.jp/

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。この記事の情報提供は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こう!にあります。グッドラック!!

伊勢神宮 ツアー

伊勢神宮 ツアー プラン

伊勢神宮のツアー情報をお探しでしょうか?
伊勢神宮のツアープランは、国内格安旅行プランを企画・紹介している旅行会社・代理店が数多く紹介提供しています。

遠くは、香港・上海・北海道・沖縄からの飛行機を利用した航空会社と宿泊先のホテル・旅館やレンタカーなどがパックになったセットプランなどから、割と近場である関西からの日帰りバスツアーなど、多くの企画ツアーが存在します。

主な観光目的地としては、伊勢神宮のみが目的のものや、二見の夫婦岩・二見興玉神社から鳥羽まで足を延ばした伊勢観光全般のもの、更には紀伊半島を巡り熊野本宮大社・新宮熊野速玉大社・那智大社から世界遺産の熊野古道・大門坂、紀伊勝浦温泉、南紀白浜までのさまざまな組み合わせのツアーが組んであります。外国の方はそこから京都に向かうパターンが多いようです。

お土産で欠かせないのは、やはりおかげ横丁ですね。
最近はまとめ買いして宅急便で送る方も多いようです。

それでは、それらの伊勢神宮ツアープランを企画している旅行会社・代理店の主要トラベル会社のホームページをまとめた別記事がありますのでそちらを参照してみて下さい。

ホームページを開きますと検索窓か、日本地図が用意されていますから、日程や目的地などの諸条件を入れてみましょう。

伊勢神宮参拝のための宿泊と主要トラベル会社
伊勢神宮参拝のための宿泊先

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。この記事の情報提供は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こう!にあります。グッドラック!!


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。