site map

伊勢神宮 御札 お守り

伊勢神宮 お守り

伊勢神宮のお守りについて興味がおありですか。
御札と御守りの奉り方や、神社と仏閣の御札の両方奉る場合、又複数の神社の御札の奉り方など々神道デビューの初心者には判らないことが多くありますよね。

そんなこんなで、伊勢神宮のお守りについて取り上げたいと思います。
多くの皆さんが疑問に思うお守りに関するところを整理してみました。

【 頂けるところ 】

御札 ー外宮・内宮共 神楽殿
お守りー外宮 神楽殿
    内宮 神楽殿と参集殿

【 特徴 】

伊勢神宮のお守りは単に、「神宮」としか書かれていません。
この辺りに、当神社の格式を感じますね。

【 お札やお守りの種類一覧 】

伊勢神宮で授与される御神札(御札のこと)や御守は、昔から「お祓いさん」とか「大麻(おおぬさ・たいま)」とも呼ばれていて、以下のような種類があります。

・剣祓(けんばらい)  剣先の形をしたお札
・角祓(かくばらい)  角形をしたお札
・大角祓(だいかくばらい)  大型の角祓
・海幸大麻(かいこうたいま) 海上安全・大漁満足のお札
・守祓(まもりはらい)  身につける小型のお守り
・袋入守(ふくろいりまもり) 錦の袋に入れたお守り
・交通安全守 交通安全のお守り。
・海幸守(かいこうまもり)  海上安全・大漁満足のお守り
・鈴守(すずまもり)  鈴のついた錦の袋に入れたお守り
・学業守(がくぎょうまもり) 学業成就のお守り
・干支守(えとまもり)  その年の干支(えと)を木彫りにした小形のお守り。

更に、詳細は以下のサイトで確認下さい。

御神札・御守・神宮暦
http://www.isejingu.or.jp/kagura/kagura2.htm

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに神宮の御祭神のお蔭が賜りますように!そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。この記事の情報提供は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こう!にあります。グッドラック!!

伊勢神宮 御札 お守り

御札の家庭での奉り方

伊勢神宮から頂いた御札の家庭での奉り方についてご案内したいと思います。神棚と御札の関係などにも紹介したいと思います。

ちょうど、伊勢神宮でご祈祷をお願いした際に、頂いた御札と共に手引きがあったのでそれを紹介したいと思います。

基本的には、日本全国の神社と変らないものですが、お若い方もふくめて再度精読してみては如何でしょうか?

以外と、氏神の御札との位置関係や、重ねる順序など知らないと困ってしまうこともありますよ。
img184.jpg

綺麗に画面に収まらないので、ずらして重複した部分があります。
img186.jpg

ご祈祷をお願いする際には、事前に以下の用紙に、住所、氏名、具体的なお願いを書きます。
一つのお願い一件に関して五千円となります。
出雲大社や住吉神社の用紙の3倍は大きく紙質が良いのには驚きました。

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!そして、当ブログがあなたにとって有意義なものとなりましたでしょうか。この記事の情報提供は、当サイトのオリジナル記事と画像によるものであり著作権も伊勢神宮へ行こう!にあります。グッドラック!!


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。